RSS | ATOM | SEARCH
Bordeauxの美味しいもの
 ひょんなことから日仏夫婦とお知り合いになりました。


 ご主人はボルドー出身で大のボルドー好き。故郷ボルドーを語るときの熱の入りように、時々奥様とワタシは彼をからかって遊んでいます。

 そんなボルドーくんがボルドーの美味しいものを差し入れしてくれます。

 まずは初めて見た、初めて食した”ワイン味の塩”その名も”Sel Vin de Bordeaux”

 日本の天ぷら屋さんなどで抹茶風味やゆかり風味のお塩はみかけますが、ワイン風味とは!綺麗なピンク色で、意外にも何にでも合いそうです。ちなみに彼のお友達の外国人の方は、小瓶に入れていつも持ち歩いているんだとか。

         


 そして、ボルドーといえばワイン!ワイン!ワイン!

 おススメの白ワインを頂きました。よく冷やして飲むと最高だと、ボルドーくん。まだもったいなくて開けていません・・。いつ開けようかな〜。

        

 そして最後にお家でご馳走になった時に頂いた食前酒 ”LILLET”。

 これがまた最高に美味しい。ボルドーというとあまり食前酒のイメージはなかったのですが、このお酒はボルドーではよく飲まれている食前酒だそうです。暑い夏に太陽の下でよく冷やしたリレを飲むのは最高だそう。

        


 そんなことを話すと、もう彼はボルドーに帰りたくてたまらなくなっちゃうんだ。

 日本の美味しい夏も教えてあげないとね!
author:Kaori, category:, 17:29
comments(0), trackbacks(0), - -
フランスの味
 連休初日の昨日、友達数人と楽しいランチ。


 フランスから一時帰国中のSちゃんからこんなかわいいハーブ・ティーをいただいちゃった!

         

 創業140年を誇る”クスミティー”のセカンドラインの”ラブオーガニック”というところのもの。フランスオーガニック協会認定のABマークもちゃんとついてます。

 そしてカワイイのがこのパッケージとガーゼ素材のティー・パック。さすがだなぁ〜。

 味ももちろん美味しい!今日はお昼におにぎりと一緒に頂いちゃった。洋菓子、和菓子にももちろん合いそう。



 そしてもう一つフランスのお味。(メーカーはスイスのもの)

         

 フランス人のLくんから頂いた、チョコレート。直訳すると”塩の花”

 このチョコはちょっと初めての感覚。口に入れると「うん。甘味の中にほんのり塩の味」そして口から全部なくなったあとに「ふわ〜と広がる絶妙の塩加減!」面白い!美味しい!


 人からの頂きものって、嬉しいし新しい発見があって愉しい。普段の自分の観点では選ばないものに出会える。


 ワタシも何か新しもの見つけたら、お友達にプレゼントしたいな。
author:Kaori, category:, 16:35
comments(0), trackbacks(0), - -
パンケーキが食べたくて
  無性にパンケーキが食べたくて、焼いてみました。


 理想は10センチくらいの大きさのケーキを沢山積み上げて、10センチくらいの高さにしたいな。


 最近、巷ではパンケーキが流行っているらしく雑誌などでもよく見かけます。色々なものをトッピングしたりと、とても美味しそう。

 でもワタシのなかではパンケーキって家庭のおやつのイメージ。家の中にケーキの焼けるいい香が充満して・・・って感じ。




 そこで、大好きな堀井和子さんのレシピを参考に、焼いてみることに。



 沢山焼くので、最初に焼いたものが冷めないようにクロスをかけておくそうです。

      

 レシピ通りお玉一杯の生地を流し込んでいったら、理想よりも大きくなってしまいました。まぁ、いいか。



 どんどん、どんどん焼いていきます。どんどん、どんどん・・・。


 結果的には10枚焼けました。




      


 理想とは違ってしまったけれど、なかなかいい色に焼けました。



 バターをのせて、メイプルシロップをかけて、シンプルにいただきます。







 パンケーキ。


 焼いてる段階でなんだか幸せな気持ちになってくる、そんな食べ物ですね。





author:Kaori, category:, 20:06
comments(6), trackbacks(0), - -
ハーブを使った美味しいもの
  お久し振りの更新です。


 サッカー(ユーロ)に忙しく毎日毎日寝不足です。なぜか試合がない日も眠い・・・。
そんなユーロもあと決勝を残すのみ!!もちろん、スペインに・・・、復活の兆しのイタリアです。私は断然スペイン贔屓ですが、ダンナさんの一押しはイタリア!!開催当初から予想していた対戦カードに満足気なダンナさんです。この間の準決勝スペインVSポルトガルで、かなりの興奮に陥ってしまったワタクシは決勝まで精神がもつか怪しいところです・・・。




 そ〜んな、興奮を落ち着ける爽やかなドリンクをハーブでこしらえてみました。


 ドライのエルダーフラワーを使ったコーディアル。

       

 コーディアルとは簡単に云うとシロップです。糖分と水を煮詰めただけでもシロップと云うのに対して、コーディアルは効用を期待できる体にいいもの、という意味合いが含まれているそうです。cordialという言葉は「心からの」という意味の形容詞でもあるそうですよ。

 そして今回、わたしが使ったのはエルダーフラワー。エルダーフラワーは「インフルエンザの特効薬」としてイギリスなどでは昔から親しまれているそうです。風邪のひき始め、花粉症、また神経をなだめ不安を取り除くなどの効果もあるとか。いいですねぇ〜。

       

 しかもしかも、このエルダーフラワーちゃん、マスカットの香りがなんとも爽やかなんです。普通のジュースとして美味しく飲めちゃいます!もちろん寒い時期はホットティーとしても飲めますし、ヨーグルトにかけたり、炭酸で割ってもいいですね。





 作る作業も、作ってからも愉しいコーディアル。是非お試しあれ。


 


 そして、もう一つハーブを使った食は、ハーブオイル。ベランダにわんさかなっているバジルをオリーブオイルにつけて、2、3週間ほど涼しく暗いところに置いておき1日1回振ってあげます。そろそろ3週間ほど経つので、今度サラダにでもかけてみようかな?

       



 

 さぁ、しばらく梅雨の中休みが続いていましたが、そろそろまたシトシト・ジメジメがやってきそうですね。

 もうしばらくお家のなかで愉しむとしますか。



  〜おまけ〜

 仕事で合羽橋に行ったダンナさんが買ってきてくれたお土産。たっぷりサイズの素朴なヤツ。なんでも受け止めてくれそうなタフなヤツ。230円位だったっていってたかな?

         
             



 メルシー、メルシー、だんな様。またよろしくね。
author:Kaori, category:, 23:08
comments(3), trackbacks(0), - -
ル・シャン・ド・フルールのジャム
「薔薇の花びらのジャム」、食べたことがありますか?

姉夫婦のお店 "ル・シャン・ド・フルール"では、王道の「イチゴジャム」などの他に「薔薇の花びらのジャム」や「薔薇の実のジャム」などのとっても乙女なジャムがあります。今回は花びらの方を食しました。

透き通った薔薇色に花びらが舞っているようです。かおりもすっごくかわいいんですよ。
             

いつもはパンにのせて食べていたのですが、姉がヨーグルトに合うと言っていたので食べてみました。


                                          
              

う〜ん、美味し〜い。

ル・シャン・ド・フルールのジャムはシェフが一人でコツコツ、コトコトと作っているので大量生産ができません。なので、店頭に並んだ時は迷わず買いです!


さてさて、そんな美味しく乙女なジャムをたべながら・・・の本は、

             

左側の絵本は「サリーのこけももつみ」。ある日、サリーとお母さんは森にこけももつみに出掛けます。何故かというと、冬の間のジャムを今のうちにこしらえておくのだそうです。そして、森でクマの親子に遭遇し・・・。人間の親子とクマの親子とのほのぼのしたやり取りがなんとも癒されます。白黒の絵がとってもモダンです。
右側は江國香織さんの短編を宇野亜喜良さんの絵で飾っている大人向けの絵本。宇野亜喜良さんのなんとも妖艶な絵がステキです。ジャムパンをジャミパンというところが、なんかノスタルジーで好きです。

下の二冊は、
             

どちらもジャムのレシピ本です。眺めているだけで満足の本達。


さぁ、次はどのジャムを食べようかな?


author:Kaori, category:, 23:42
comments(0), trackbacks(0), - -
初めてのブイヤベース
  最近すごく興味を持っていた料理。それが『ブイヤベース』。

 なぜか今まではそんなにそそられていなかった料理。

 たぶんワインに興味を持ってから、地中海の方のワインのことを知るうちに目にする事が多くなり、是非白ワインと一緒に食した〜いと思っていたんです。


 先日、念願叶って吉祥寺のフレンチ ”トーク・バック” さんにて頂きました!美味しかった〜。どちらかと云うといつも魚介類よりお肉を選びがちな私なのですが、ブイヤベースって美味しいんですね〜。食べたことある方は『何を今更?』っていう感じかもしれませんが(笑)ガーリックトーストにいい感じに滲みたスープが何とも云えません。あ〜、書いてるだけでもヨダレが・・・。

             

 そしてもちろん白ワインも飲みましたよ。この日は月に1回のボトルワインがほぼ原価で出されている日で、とってもお得に美味しいワインを頂きました。今回はアルゼンチンのシャルドネでした。

             

 その他の料理もこちらのお店はとっても美味しいです。 ”トーク・バック” は吉祥寺に3店舗ありますが、それぞれコンセプトが異なり、それぞれ美味しいです。我が家は食や宿などに関しては意外と保守的で一回気に入ると同じ所を利用することが多いんです。ここはそんなお気に入りの一軒です。

             冷製前菜のレバーペースト

             チキンのリヨン風




 あ〜あ、美味しかったなぁ〜。また食べた〜い。
author:Kaori, category:, 00:31
comments(2), trackbacks(0), - -
ほら食べてごらん
 いちじく、イチジク、無花果、fig、figue・・・。

 
 なんとも、美味な響き。


 フレッシュでも、干しても、ジャムにしても美味しい『いちじく』。

 どう食べるか、眺めるかによって頭の中に浮かぶ『いちじく』はいちじくだったり、figだったり、無花果だったり、figueだったりするから好き。



 そう、大好きなプロヴァンスで泊まった宿の名前は”Hotel sous les figuiers”で訳すと”いちじくの木の下”でした。名前の通り中庭はいちじくの木で覆われて、季節によってはいちじくの香に包まれるらしい。

 そして、2件目に泊まった宿の庭にはいちじくがなんともさりげなく、かつおしゃれにドライされていました。こういったルックスがすっごく好き。

           

 改めて、ステキな宿だったのでもう一枚。向こうに広がるのは絵に描いたようなプロヴァンスの風景・・・。

           








 ということで、天気の良い日曜日にひさ〜しぶりにパンを焼きました。だんなさんの熱烈な希望にお応えして。

 せっかく道具を出したり、材料を開けたりするので頑張って2種類作ってみました。


 久しぶりすぎてなんとも手際が悪い・・・。なんとか、1つめが焼き上がりました!

 少し焦げたフォカッチャ。味はまずまず。

     

 途中からローズマリーの香が・・・。クンクン・・・。



 そしてもう一つはいちじく入りのグラハム・ブレッド。グラハムとは全粒粉のことです。

 実はだんなさんはいちじく大好きの私とは反対にドライフルーツ全般が苦手。それを知ってて、いちじく入りのグラハム・ブレッド。なんてイジワル。

 だってほんと美味しいから食べてみなって!だまされたと思ってさっ!!

     


 ね?美味しいでしょ?だんなさんパクパク。しまいには「もう少し切って」だって。

 グラハムの噛んだ時の甘みといちじくの甘み・食感がなんとも合うですね〜。


 よし、今夜はワインとチーズで乾杯としよう

   ロゼでかんぱ〜い!!今夜のワインはコッポラのソフィア。
このワインの話は次回で!!

       



author:Kaori, category:, 00:01
comments(4), trackbacks(0), - -
なんで???なお菓子達
  2月の始めにお久しぶりなお友達に会いました。


 待ち合わせの時間に少し遅れるという連絡を受け、先に一人でお店に行き待っていました。
30分ほど遅れ友達がやってきて「ゴメンねぇ〜、はいこれ!お詫びに」と言って差し出したものが、これ↓

    

 袋には ”ビーサンサブレ” なる文字。

 ん?なんで?真冬にビーサン??

 良くわからないけれど、お詫びということで一応頂いておきました。家に帰って袋を開けてみると、意外とかわいいルックスなにやら葉山のビーサン専門店『げんべい』のビーサン魂をこめたサブレだそう。

 いつもちょっぴり???なお土産をくれる友達。自分では選ばない視点なので、それはそれで愉しいです。



 そしてもうひとつ。もらったもの。

    

 うさちゃん。

    

 ぱんちゃん。


 ダンナさんが築地市場に行った日に「はい、これ。お土産」とくれたもの。
「何これ〜!かわいい!!」と私。おおはしゃぎ

 このかわいい子たちは、チョコでした。





 築地市場、楽しいらしいです。今や日本人より外国の旅行者のほうが多いのではないかというくらいに東京の観光名所になっているらしいですよ。




 春ももうすぐ?

 心温まるお菓子達でした。
author:Kaori, category:, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -
ル・シャン・ド・フルールのクリスマス
  クリスマスでしたね。今年は寒波到来で寒かったですねぇ。


 ここ数年、毎年12月23日は姉夫婦のフランス菓子屋”ル・シャン・ド・フルール”にお手伝いに行っています。1日ケーキ屋さん気分です

 さて、今年はどんなケーキかな?

            

 こちらはパリ・ブレスト。アーモンド味のバタークリームがシュークリームの生地にサンドされていて、さらに中にはチョコ味のプチシューが沢山入っているという凝り様です。

            

 お次ぎはショコラ味のケーキ。中のスポンジもクリームも美味しいショコラです。トナカイのクッキーがなんとも愛嬌があります。子供も喜びそうですね。

 他にもホールケーキは定番のフレジェ(イチゴのショートケーキ)もありました。やっぱり、フレジェは人気があるようですね。

 クリスマス期間はホールケーキを求めるお客さんが多いので、いつものケーキは種類を絞っておいていました。

            

 どれもシンプルで大人っぽくて好きです。

            

 クリスマスバージョンにお着替えしたカレンが並んでいる姿がなんともカワイかった。

              

 店内は姉夫婦がコツコツと集めてきたアンティーク雑貨が飾られていてパリの様ですよぉ。
 
 お近く(東京の羽村)にお寄りの際にはぜひぜひ覗いてみて下さい。

 

 なぁ〜んて、書いてるうちにクリスマス終わっちゃいましたね。もう次はお正月ですねぇ〜。早いなぁ。    

                               
author:Kaori, category:, 00:08
comments(0), trackbacks(0), - -