RSS | ATOM | SEARCH
いつかみたメリーゴーランド
  山中湖の帰り、甲州に寄り、ここまできたら清里もすぐそこ。

 
 
 ということで、清里まで行くことに。清里はもう3回目。前にいったのはもう随分昔。

 
 記憶の糸をたぐりよせ「あぁ〜あそこ行ったよね」「あそこまだあるかな?」「ここでなにした、こうした」たまに「それワタシと?」なーんてことも話しつつ清里まで。

 そして、むかったのは、間違えなく二人で行ったことのある ”萌木の村”。森のような村のような敷地内に、かわいらしいお店が並んでいます。雑貨屋さん、器屋さん、犬猫グッズ屋さん、カフェなどなど。

雑貨屋さんの店先。



 お店もステキだけれどワタシが特に好きなのは、ハーブや野花が無造作に咲くガーデン。

 
 

 ↓この景色はまるで ”西の魔女が死んだ”(梨木香歩さん著)のおばあさんの家のようです
      

 このくらいラフな庭がいいです。
      



 そんな景色をぶらぶらと歩いていると、小高い丘の上になにやらキラキラ光るものが。

 
 「あのキラキラしたものは何?」

      


 こんなところにメリーゴーランドが!!しかもかなりモダンな造り。なんともノスタルジーです。

      

 そのそばでは手作りの笛を作っている方が、なんともノスタルジーなメリーゴーランドの曲に合わせて笛を吹いています。


 「あぁ〜、好きだな〜ここ」なんて眺めていると、なんだか似たような光景を思い出します。どこだっけ?

 そうそう、ここ。

        





 イギリスの海辺の町、ブライトン。浜辺にポツンと現れるメリーゴーランドを本か雑誌で目にして、行ってみたいなぁ〜と思って記憶していたのです。


古めかしさが似ています。






 夏の終わりの清里で出会えた、夢にみた光景でした。



〜おまけ〜

お土産の花束は早速ドライフラワーへ。

森の落し物も一緒に。
 


 
         


author:Kaori, category:旅行 (国内), 17:26
comments(0), trackbacks(0), - -
山梨のお酒
 あっという間に9月になってしまいました。が・・・、


 ちょっとだけ山中湖への旅行の続きです。

 

 両親、姉、姪っ子が帰ってしまったら、急にお部屋の中が静かに感じられ、ちょっぴり寂しくなり、ダンナさんとワタシは珍しく観光に行くことに。




 山梨は富士山の近くでお水のとってもおいしいところ。そして、葡萄の名産地でもありますよね。となれば、そうです、ワインが美味しいんですねぇ。


 近頃、日本のワインも頑張っているそうなんですね。

 日本はほかの国のワイン産地に比べると格段に気候が穏やかだそうで、その穏やかな気候がワインの味にも表れているそうです。強烈な香りや渋みを持ったり、極端にアルコール度数が高くなったりすることがないんだとか。なるほどね。



 ということで、折角だから勝沼付近でワイナリー巡りでもしようか!と。

 
 何軒かおじゃましたなかでもワタシが特に気に入ったのは、”グレースワイナリー”さん

蔦の絡まる外観が素敵です。


自然な感じが好みです。




 試飲(ダンナさんは運転手なのでワタシだけ)して、購入したのがこちら

 
オリジナルの木箱に入れてもらいました。

 1本はコテージでいただき、1本は帰ってからのお楽しみに。お値段も手頃で、確かに日本ワインいいぞ!って感じです。


 ↓”グレースワイナリー”と同系列の”ミサワワイナリー”も良かったです。
見晴のよい高台にレストランも併設されています



 そして、お水が美味しいといえば、日本酒!!ですね。

 ダンナさんの希望で酒蔵も覗いてきました。


 選んだのは一番外観が素敵そうだった ”七賢”。

 
青い空に古い家屋が映えてます。

 またまたここでもワタシだけ試飲。クックッ。




 いつか、してみたいのがフランスの田舎のワイナリー巡りですが、日本のワイナリーも愉しかったなぁ。今度は長野あたりもいいなぁ。北海道もいいけど・・・。



 山梨のお酒。


 美味しかったです。

 
 

 ご馳走様です。

 




 
                                              

 
 
 
 




 
 



 
author:Kaori, category:旅行 (国内), 15:18
comments(0), trackbacks(0), - -
姉ときどき姪っ子
 今回の旅行で久しぶりに姉とピロー・トークに花を咲かせました。

 昔は夜遅くまで話していると、父親から怒られ、その度に枕に顔を埋めて笑いをこらえていました。今回は寝ている姪っ子を真ん中に挟んで。




 料理をしているような、していないような後ろ姿。

           


 シーソーではしゃぐ大人2名と後ろで頑張る子供1名。
     
            


 散歩する母と娘。娘・・・甘えん坊。

           



 真ん中で得意げな娘。

           



 愉しい山中湖での一コマでした。  

author:Kaori, category:旅行 (国内), 14:31
comments(0), trackbacks(0), - -
家族旅行
  10時の開店を目指し駅前の本屋に足を運んだら、帰りにはものすごい大雨になっていました。

 駅で少しやむのを待ち。


 やまないので、宝くじを買い。



 日傘をさして、いざ大雨の中をスタコラサッサ。


 ずぶ濡れになっているうちに、なんだか愉しくなってきて・・・。



 あぁ、夏も終わりだなぁ〜。



 
 私の夏休みもあと数日で終わり。今年は珍しく(と云うより、初めて)私の両親と姉と姪っ子と、私のダンナさんでミニミニ旅行に行きました。


 ここ数年、お気に入りでよく行く山中湖のコテージへ。山中湖の目の前で緑に囲まれたとても気持ちの良いところ。

      
      

 山中湖の近くには、富士山からのわき水で出来た『忍野八海』もあり、少し観光もしました。

      

 水と緑があるってほんとに気持ちがよくて好き。

      

 家族写真を撮るわたしを撮るダンナさん。

      

 恐る恐る池を覗き込む姪っ子。

      

 家族での観光らしい観光はこのくらいしか行かなかったけれど、みんなそれなりに楽しんでいたようです。


 夜は花火なんてしちゃったりして。何年ぶりかしら?

      
 
 みんなで火をつけて写真を撮ろうとするが、最後の人がつくと、最初についた人の火が消える。みんなで大騒ぎ。安い花火だからしょうがないか・・・。女4人、みんなカメラなんてそっちのけで真剣に火をつけています。





 やっぱり家族はいいね。



author:Kaori, category:旅行 (国内), 12:58
comments(2), trackbacks(0), - -
冬の那須 <遊び方>
  今回の二期倶楽部での愉しみは散策だけではありません。

 もひとつ愉しみにしていたのは、提携施設『アートビオトープ』での吹きガラス体験。
張り切って予約をして臨みました。吹きガラスのグラスは元々大好きだけれど、それを自分で作る事が出来るなんて!!

 『アートビオトープ』ではその他に陶芸やトンボ玉作りなどの体験もあります。どれも、プロのインストラクターの方が教えてくれているようです。
 
 なんか入り口からしてアートの匂いがプンプン・・・
     

 さて、まずはダンナさんから教わっていきます。

 おぉ〜、頑張って吹いているようですよ〜。
          

 お次ぎはわたくし、真剣ですよっ。
      

 指導してくれたのは、長峰さん。
         
 とっても丁寧に教えていただいてありがとうございました!!あとでネットでみたらとってもステキな作品を作られていて「こんなに凄い方に教えていただいたんだぁ」とビックリしてしまいました。

 そして、次の日に出来上がったものがこちら、
         
 左がダンナさん作。底に赤い色がついています。右がわたくし作。二人とも気泡入りが好きなので気泡は沢山入れました。なんと、気泡は重曹をつけるんですねぇ〜。重曹ってなんにでも登場しちゃう万能選手!二人とも気に入って毎日使っています。

 ギャラリーにはプロの方の作品も沢山あってステキでした。
      

 雪のなかでの作品作りなんて憧れちゃいます

   〜おまけ〜

 お部屋では各自好きな事をして過ごします。

 ダンナさんはギターを、
     

 わたくしは読書を、
         

 お互いを重んじるのも良い旅の秘訣??かな???


                                   おわり 


 
author:Kaori, category:旅行 (国内), 22:06
comments(2), trackbacks(0), - -
冬の那須 <NIKI CLIB&SPAのお食事>
  今回宿泊した二期倶楽部東館のNIKI CLUB&SPAは、心身をリフレッシュさせることをコンセプトにしているらしく、お食事もとてもヘルシーかつ安全なものが提供されます。

 『ヘルシー』ときくと「本当に美味しいかなぁ?」と少し思ってしまう私なのですが、ここのガーデンレストランで頂いた食事はどれもとても美味しかったです。そして、どれもとても美しかった!

 夕食はフレンチのコースで900kcalという驚きの数値!!

 でも私達は少し好物のものを追加しちゃいました(だめじゃ〜ん)。

           
 彩りがとてもキレイです。

 
          
  大大好物のフォアグラちゃん。

          
 だんなさんが注文したお肉。美味しそうだったけどこの頃にはもうお腹がいっぱいでした。

 そして、びっくりしたのがこのデザート
          
 苺のシフォンケーキなのですが、今までシフォンケーキってモソモソしているイメージがあってあまり好んではいなかったのですが・・・こちらは食べてびっくり、本当にしっとりしていて苺の甘みが絶妙でした。買って帰りたいくらいでした。

 朝食ももちろんキレイで美味しかったです。写真は和食ですが洋食もチョイスでき、その他自家栽培のお野菜やフルーツなどはビュッフェ形式になっています。
         

 朝はとっても爽やかです。
         
 春や秋はテラスがとても気持ちがよさそうでした。いいなぁ〜。



 二期倶楽部では季節によっては『シェフズ アウトドアランチ』といって自分でつんだ野菜や山菜、果物などをその場でシェフが調理してくれて外で頂く企画や、かわいらしいバスケットにランチを用意してくれて敷地内の自分達の好きなところでピクニックをするといったものがあるそうです。すっごく愉しそう

 愉しくて美味しいからコンセプトを無視してついつい食べ過ぎてしまいそう・・・。



   〜おまけ〜

 ←お夜食にお部屋においなりさんが運ばれてきました!

author:Kaori, category:旅行 (国内), 17:28
comments(2), trackbacks(0), - -
冬の那須 <二期倶楽部で見つけたステキなもの>

  一晩明けて窓の外を覗くとさらに雪が降り積もっていました。
 
 この時期の二期倶楽部にはダウンコートとスノーブーツがお部屋に用意されています。も〜う、『散策して下さい』と言ってるようです。

 ぶらぶら散策しては、部屋に戻り、また散策すれば、温泉に入り・・・。なんてことをしながら見つけたステキなもの達(ステキかどうかはかなり個人的な偏りがありますが)をパチリとおさめてきました。

 まずは朝食のテーブルのかわいい玉子達。
この玉子は二期倶楽部オリジナルで”純”と名付けられた滋養卵だそうです。真岡市の青山養鶏場で生産されています。黄身がぷりっとしていてとっても美味しかったです。

          


 次は散策がてら行った本館の温泉にいたうさぎさん

          

 こちらは女湯ですが、男湯にはいなかったそうですよ。


 続いては、お部屋にあった巨匠アルネ・ヤコブセンのスワンチェア!!

          

 まさかこの椅子に座れるとは!!!さすがですね。


 続いて続いて、こちらは?

         

 なにやら小動物の足跡。
どうやらいろんな種類の動物がいるようですよ。

         

 何匹もいて愉しそうですね。残念ながら今回は姿を確認できなかったのですが、うさぎさんやりす、きつねなどなどが遊んでいるそうです。会いたかったなぁ〜。


 そして私1番のお気に入りがこちら、

         

 朝ご飯を食べていたガーデンレストランから外を眺めていると、ガラスのボールを持った従業員の方が敷地内にある温室の方へ歩いて行く姿が・・・。二期倶楽部では敷地内で野菜やハーブを育てていて(そこも自由に見学できます)、それらがゲストへ振る舞われます。
「キッチンのかたが食材でも採りにいくのかな?」と思っていたら、部屋に帰る途中にタイミング良く先ほどの方と遭遇。ボールには可愛らしく盛られたハーブたちが可愛すぎる〜。ハーブもさることながら、この『摘みにいく』という行動がカワイイ!!!
 写真をお願いすると快く応えてくれました。そしてこのハーブ達はアロマトリートメントサロンで使用するとのことでした。ステキですね、フレッシュハーブでマッサージとは。

 
 さあ〜、色々散策してすっかり身体が冷えてしまったので、ロビーの暖炉で暖まることとしますかっ。

           

 薪がある姿だけでも絵になります・・・。


author:Kaori, category:旅行 (国内), 23:15
comments(2), trackbacks(0), - -
冬の那須 <ステキなおもてなし>
  年末年始に休みがなかっただんなさんのために1/4の夕方から2泊の温泉旅行に行ってきました。だんなさんのため、と云っていますが自分が行きたいところへ、自分で決めて・・・。




 行ったのは那須の二期倶楽部。




 寒い時期にわざわざもっと寒いところへ・・・。




 二期倶楽部は前から雑誌などで見かけては『行ってみたいなぁ〜』と思っていたところ。でも、いかんせなかなか我が家には贅沢で・・・。
 念のためネットで調べてみたら少しお得なプランがあったので、ボーナスでのお買い物は諦め思い切って行ってみました



 期待通りに良かったです。


 最近の私達夫婦の旅のスタイルは、あまり観光地などは巡らず宿とその周辺で寛ぐ(本を読んだり、ギター弾いたり、敷地内を散歩したり、食べたり、飲んだりなどなど)ことが中心なのでおのずと居心地の良い田舎の宿ということになります。

 なので今回の二期倶楽部(NIKI・CLUB&SPA 東館)はぴったりでした。



 レイトチェックインだったので着いたのは19時少し前。辺りは真っ暗の吹雪。

 

 いい感じに雪が積もってました。写真は東館のレセプションとレストランがある建物です。部屋は敷地内にぽつぽつと一軒家風に建っています。

 この広大な敷地内を散策することが今回の密かな楽しみの一つです。

 受付を済ます間、暖かいハーブティーが振る舞われ身体も心も暖まりましたぁ。

         

 そして、暖かいといえばこの暖炉、
 

 薪の香りが心地よく、クンクン・クンクン・・・。

 
 部屋に案内され、雪見の温泉に入り、この日はお部屋でホテルのエリアマップを眺めながら明日の散策の予行練習にふけりました。


              

 家では出番のないアロマキャンドルなんか灯して、しばし現実逃避・・・。   

 明日が愉しみです。


author:Kaori, category:旅行 (国内), 22:24
comments(4), trackbacks(0), - -