RSS | ATOM | SEARCH
わたし飲んでもスゴイんです〜by SOFIA
 春、桜、お花見、お酒・・・。

 ということで、やっぱり春ですものロゼワインです

 ロゼワインは日本ではワインを嗜む人の間では、なんか邪道な扱いをされている感じがあるのですが、ワイン大国フランスでは今ちょっとしたブームらしいです。赤・白の消費量が落ちているのに対し、ロゼだけは上昇しているとのこと。

 わたしはボルドー系の本格ワインがまだまだ苦手なあまちゃんなので、ロゼが大好きです。

 なのでワイン屋さんに行ってはロゼワインばかりに目がいっています。




 先日、パンを焼いた日にそのうちの1本を開けてみました。




 それがこちら

     

     

 フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの ”ソフィア ロゼ モントレー・カウンティー 2010” 

 あの父コッポラが娘ソフィアの為に作ったワインです。カリフォルニアのモントレーにワイナリーがあります。

 普段はフランスのワインにばかり手にとっていましたが、このワインはオシャレなルックスで思わず衝動買いしてしまいました。とっても女性らしいエチケットとボトル。

 ワインの色は赤に近いくらいの色見で、香はベリー系の華やかな香。確かにソフィアにピッタリなワイン!!

とても聡明そうなソフィア・コッポラ。       





 そして、ワインがソフィア・コッポラなら映画もソフィアでしょう。


 ということで、『SOMEWHERE』

         

 



 ソフィア・コッポラの映画は『ヴァージン・スーサイズ』や『マリー・アントワネット』もなかなかでしたが、わたしは今回の『SOMEWHERE』が一番のお気に入りになりました。

 主演の父親役のスティーブン・ドーフと娘役のエル・ファニングがなんともいい感じ。特に大きな事件や出来事がおきるわけではないけれど、目が離せないキレイな映像にワインの効果もあってか、ぼーっとみとれてしまいます。


 特にエル・ファニングのキュートさといったら!!ウトウト居眠りをはじめたダンナさんを「ほら観て!かわいいよぉ〜。ねえねえ」と何度も。

 だってこんなにかわいいんですもん!

              

 でも、映画に大きな出来事や結果を求めてしまう方にはオススメはしません・・・。知らないで観ると終わった時に『でっ?』ってなってしまうかも。気をつけてね。

    
 
author:Kaori, category:映画、ワイン, 22:37
comments(0), trackbacks(0), - -