RSS | ATOM | SEARCH
日本酒とチーズ
 ”武相荘”の帰りに購入したお酒。

 左は山口県のお酒。特別純米 貴。どうしてもこの文字で「貴」だと貴乃花を思い出してしまう。

 右は愛知県のお酒。純米大吟醸 醸し人九平次。このお酒はとても面白い。パリの三ツ星レストランにもオンリストされるという、ワインを思わせるような果実味。お米からこんなフルーティーな味がするのがとても不思議です。

          


 なのでこの日は日本酒にチーズを合わせてみました。


 色々な種類のチーズを盛りつけ、名前の旗を立て。こういう作業スキ・・・。

          

 ワインも愉しいけれど、日本酒もいいなぁと思えてきた今日この頃。
author:Kaori, category:日本酒, 06:00
comments(0), trackbacks(0), - -
初夏の武相荘
 ちょっと前の7月の初めのこと。


 9年振りに旧白州正子邸 ”武相荘”に行ってきました。

 以前来た時は春。


 今回は夏展がひっそりと開催されていました。
 
           


 夏の酒器、上布の着物、籠・・・好きなテイストばかり並んでいて、うっとり。

           

 この日もすでに猛暑でしたが、敷地内は涼しげな空気が。


 そんな気持ちのよい気分で、白州さんも贔屓にしていたという安土忠久さんのぐいのみ、”へちかんだ”を購入。
 ”へちかんだ”とは、飛騨高山弁で「ゆがんだ」と云う意味だそう。ゆがんだガラスに反射する光がなんともいい感じです。

           


 上布の着物を眺めていたら久しぶりにこの浴衣に袖を通したくなりました。

 ”銀座 竺仙”の絹紅梅。

           


 日本の夏。

 帰りには美味しい日本酒を購入。へちかんだグラスで乾杯・・・。 
author:Kaori, category:お出かけ, 23:32
comments(0), trackbacks(0), - -
Bordeauxの美味しいもの
 ひょんなことから日仏夫婦とお知り合いになりました。


 ご主人はボルドー出身で大のボルドー好き。故郷ボルドーを語るときの熱の入りように、時々奥様とワタシは彼をからかって遊んでいます。

 そんなボルドーくんがボルドーの美味しいものを差し入れしてくれます。

 まずは初めて見た、初めて食した”ワイン味の塩”その名も”Sel Vin de Bordeaux”

 日本の天ぷら屋さんなどで抹茶風味やゆかり風味のお塩はみかけますが、ワイン風味とは!綺麗なピンク色で、意外にも何にでも合いそうです。ちなみに彼のお友達の外国人の方は、小瓶に入れていつも持ち歩いているんだとか。

         


 そして、ボルドーといえばワイン!ワイン!ワイン!

 おススメの白ワインを頂きました。よく冷やして飲むと最高だと、ボルドーくん。まだもったいなくて開けていません・・。いつ開けようかな〜。

        

 そして最後にお家でご馳走になった時に頂いた食前酒 ”LILLET”。

 これがまた最高に美味しい。ボルドーというとあまり食前酒のイメージはなかったのですが、このお酒はボルドーではよく飲まれている食前酒だそうです。暑い夏に太陽の下でよく冷やしたリレを飲むのは最高だそう。

        


 そんなことを話すと、もう彼はボルドーに帰りたくてたまらなくなっちゃうんだ。

 日本の美味しい夏も教えてあげないとね!
author:Kaori, category:, 17:29
comments(0), trackbacks(0), - -
武田百合子と枇杷
武田百合子さんの書く淡泊だけれど、冷たくない文章が好きです。

特に好きなのが ”ことばの食卓”というエッセイの冒頭の 「枇杷」という文。

梅雨の時期にスーパーに枇杷が並ぶと、必ずこの文を思い出す。そして私は武田家の食卓に座って、枇杷を食べている感覚に陥るのです。



 〜向かい合って食べていた人は、見ることも聴くことも触ることも出来ない、「物」となって消え失せ、私だけ残って食べ続けているのですが、納得いかず、ふと、あたりを見まわしてしまう。
 ひょっとしたらあのとき、枇杷を食べていたのだけれど、あの人の指と手も食べてしまったのかな。−そんな気がしてきます。夫が二個食べ終わるまでの間に、私は八個食べたのをおぼえています。〜


            


 スーパーから枇杷が減っていくと、梅雨が明け暑い夏がやってきます。
author:Kaori, category:, 17:00
comments(0), trackbacks(0), - -
フランスの味
 連休初日の昨日、友達数人と楽しいランチ。


 フランスから一時帰国中のSちゃんからこんなかわいいハーブ・ティーをいただいちゃった!

         

 創業140年を誇る”クスミティー”のセカンドラインの”ラブオーガニック”というところのもの。フランスオーガニック協会認定のABマークもちゃんとついてます。

 そしてカワイイのがこのパッケージとガーゼ素材のティー・パック。さすがだなぁ〜。

 味ももちろん美味しい!今日はお昼におにぎりと一緒に頂いちゃった。洋菓子、和菓子にももちろん合いそう。



 そしてもう一つフランスのお味。(メーカーはスイスのもの)

         

 フランス人のLくんから頂いた、チョコレート。直訳すると”塩の花”

 このチョコはちょっと初めての感覚。口に入れると「うん。甘味の中にほんのり塩の味」そして口から全部なくなったあとに「ふわ〜と広がる絶妙の塩加減!」面白い!美味しい!


 人からの頂きものって、嬉しいし新しい発見があって愉しい。普段の自分の観点では選ばないものに出会える。


 ワタシも何か新しもの見つけたら、お友達にプレゼントしたいな。
author:Kaori, category:, 16:35
comments(0), trackbacks(0), - -
女の子のワンピースとカルトナージュと春
今年も早いものでもう4月。年の前半はいつもあっという間・・・。


ということでもう春。


そんな春のはじめの3月にしたことのお話。



カワイイ姪っこがもう保育園を卒園。そして、もちろん小学校へ入学。

その卒園・入学式のために、こんなワンピースを作ってみました。

         

折角のセレモニーなので少し上質な千鳥格子で。デザインと生地の感じは姪っこ本人が選びました。なかなかの渋め好みのようです。

後ろはこんな感じ。黒のグラングロンリボンで可愛らしく。本人はこのリボンと襟が気に入っているとのこと。

         

赤ちゃんや小さな女の子の服はそれだけで可愛らしいので、作っていても愉しくなっちゃう。

しあがったワンピースを着て、嬉しそうにクルクル回る姿を見ると、こっちまでクルクル回りたくなるくらいウレシイナ。



そしてもう一つ拵えたもの。こちら。

         

リバティ・プリントを使ったカルトナージュ・ボックス。
カルトナージュとは、硬い紙に布または紙をはりボックスに仕立てる、フランスの伝統工芸。

今回はまたまた新宿伊勢丹でワークショップに参加して作りました。カルトナージュで箱が出来上がったあとに、好きなパーツを選んで蓋にデコレーションを施します。

カルトナージュ、初めてだったけれどすっごく楽しかった!

デコレーションのパーツはパリの手芸屋さんなどで選ばれたリボンなどもあり、カワイイもの盛りだくさん!


そして仕上がってからも、「さぁ、何をしまおうか?」って思いを巡らす・・・。愉しいな。



そ〜んなことをしていたら、すっかり春らしい気持ちになってきたよ。

Bonjour,Printemps!


author:Kaori, category:ハンドメイド, 22:42
comments(1), trackbacks(0), - -
本気お返し??
 今日はホワイトデーでしたね。

 
 今年もダンナさんが義理チョコを職場の女の子たちからもらってきたので、お返しを用意しました。

 結構毎年、頑張って選んでますよ。私なりに本気お返しです!!

 
 去年と同じようにお菓子を幾つか買って、袋に詰めました。今年は紅茶をつけてみました。パッケージがカワイイ、イギリスのオーガニック・ティーです。

       


 女の子たち ”merci"

       


 そして私も年下のお友達Hちゃんからカワイイお菓子をもらっちゃった。

       


 最近は女の子同士であげたり、もらったり、自分にあげたり、などわけわからない行事になりつつありますが、まぁ「ありがとう」とか「ヨロシク」などの気持ちがあればいいのかな?なんて思います。やっぱり人が喜んでくれるのがいいし。



 とは言いつつも今日はこんなロマンチックな曲の気分

 Roberta Flackの ”The First Time Ever Saw Your Face”



 すてきな曲・・・。
author:Kaori, category:日々のあれこれ, 23:09
comments(0), trackbacks(0), - -
地下鉄のザジ
 1月にスカパーで大好きなルイ・マル特集を放送していたので ”地下鉄のザジ”を観直しました。

相変わらずシュールで難解だけれど、パリの街を走るザジの姿はやっぱりカワイイから許してしまう。

     

 お話を理解するというよりも、映像をみて楽しむといった感じ。

 最後に「何が言いたいの?」な〜んて思ってしまう人は観ないほうが無難です・・・。

       


 そして、そんな折に本屋で偶然手に取った本がこちら

       

 ”地下鉄のザジ”の作者レーモン・クノーが書いた本。

 ”文体練習”というなにやら難しい題名がついていますが、中身はなんとも天才的な本!!

 クノーのコトバ遊びの連発です。この人賢いな〜って思ってしまう。そして、この難しいフランス語によるコトバ遊びを日本語に訳した方もまた天才!!


 まだまだ、知らなかった本が隠れているな〜って思ってしまった今日この頃。
     

     

    
author:Kaori, category:映画、本, 14:35
comments(0), trackbacks(0), - -
少しずつ春へ・・・
まだまだ寒いですが、立春もすぎ、日も伸びてきて少しずつ春に近づいている気がします。


なので少し春らしいお菓子を食べたり、あんなことしたり、こんなことしたりしています。


立春の日に食べた ”成城 あんや” のホワイトチョコレートきんとんがとても美味しかったです。
ホワイトチョコレートなのに、きちんと和菓子してるんです。ぜひ、また買いたい一品。

もうひとつ写真に写っているのは、干し果物が入ったお菓子。これも美味しかった。
去年の展示会で購入したシマムラヒカリさんの器にピッタリでした。

       


お花屋さんには最近春の花が並び始めました。

そんな中から比較的お世話が簡単そうなものを選んで、寄せ植えに初挑戦。

       

さぁ、上手にできるのでしょうか?


一週間後、土にも定着してきて順調に咲いてくれています。

       

やっぱりお花は春を感じます。

でもそろそろ、ムズムズ・グスグス・カユカユ・・・花粉も感じてくる・・・。

ふぅ〜、悩ましい春です・・・。



 〜おまけ〜

雑貨屋さんで見つけたブサカワイイ猫の小物入れ。アンティークな感じとお値段がカワイイ。本棚の隅っこに仲間入り決定。
       

author:Kaori, category:日々のあれこれ, 14:05
comments(0), trackbacks(0), - -
たっぷりポンチョ
 昨年末に完成した(やっと?)、ポンチョ。

 ただ今、”ル・シャン・ド・フルール”に並んでいます。

 結局、一種類しか作成出来なかったけれど、いつもの如くコーディネートしちゃいました。

 ボタンは表からは目立たないスナップボタンに。大きめのスナップボタンが最近のお気に入り。
 前の合わせの片側に控えめな黒のフリフリをつけてみました。どんなコーディネートにも邪魔にならないようなアクセントに。

         

 今の寒い時期にはコートや、モコモコニットや、フリースなどの上に羽織るといいかと。

         

 
 3月頃など暖かくなってきたら、コートの代わりに。茶色のツイードはジーンズによく合います。

         

 ポンチョ自体が少しハードなイメージなので、個人的にはどこかに可愛らしい要素を入れた方が大人の女性にはいいかなって思います。

 変わったところでこんな色合わせで遊んでもいいかも。

         

 キレイ色のマフラーやストールが映えると思いますよ。

 一点もの(といか一点しか作れなかった・・・)なので、気になる方はケーキ買って(笑)”ル・シャン・ド・フルール”へ。
author:Kaori, category:ハンドメイド, 15:29
comments(0), trackbacks(0), - -